スマホ

なぜiPhoneに戻るボタンがないのか?届かなくて不便なときの対処法

Androidスマホには、インターネットを見るときに使う「戻る」ボタンがついていて、とても便利です。

パソコンのインターネットブラウザにもよくあるこのボタンは、たくさんの人にとって必要な機能です。

でも、長い間、iPhoneにはこの「戻る」ボタンがありませんでした。

それには特別な理由があるんですよ。

iPhoneには「戻る」ボタンの代わりとなるすごく便利な機能があるからです。

この記事で、なぜiPhoneには「戻る」ボタンがないのか、その理由をお話しします。

iPhone「クリップボード」って何?どこにあるのか・履歴を見る・削除は可能?

自分のメールアドレスを確認するには?iPhone・Androidは電話から連絡先でチェック可

iPhone SEについた『SE』の意味とはSpecial Edition(特別版)

\月額料金が安いキャリアを探しているなら!/

なぜiPhoneに戻るボタンがないのか

結論からお伝えすると、iPhoneには「戻るボタン」がない理由は、画面をスワイプするだけで「戻る操作」ができるからです。

画面の左端に指を置き、右にスワイプすれば、前の画面に戻ることができるんですよ。

また「進む操作」もあります。

これは「戻る操作」の逆で、画面の右端から左にスワイプするだけで、次の画面に進めます。

このような操作は、WebブラウザのSafariをはじめ、多くのアプリで使うことができます。

画面下のボタンを押す必要がなく、直感的に「戻る」「進む」ができるため、iPhoneでは戻るボタンが不要とされています。

今は戻るボタンが復活

確かに、iPhoneのスワイプで戻る操作は革新的で便利な機能ですが、すべてのユーザーが新しい方法を好むわけではありませんね。

多くの人は、以前のように使い慣れた戻るボタンがある方がいいと感じています。

実際に、多くのユーザーからの要望を受けて、2021年のiOS 14.7.1で戻るボタンが再び追加されました。

これにより、多くの人が慣れ親しんだ操作を続けることができるようになりました。

しかし、将来的にこのボタンがまたなくなる可能性もあるため、スワイプによる「戻る操作」にも慣れておくと良いでしょう。

この方法を覚えておけば、どんなバージョンのiPhoneでもスムーズに操作ができるようになります。

iPhoneを片手操作したいのに指が届かないときの対処法

スマートフォンがどんどん大画面になっている今、数年前に登場した6インチの大きさも今では普通になっています。

実際に、今では6.8インチを超えるスマホもあって、7インチを超える日も近いかもしれませんね。

大画面は映像が迫力あって素晴らしいですが、操作性には少し問題があります。

特に片手で使うときには、5インチの時代に比べて難しいことが増えています。

でも、Appleはこの問題をただ見過ごすわけではありません。

iOSには、片手操作が難しいときに役立つ機能がいくつか用意されています。

これから、その対処方法を一緒に見ていきましょう。

キーボードを片手操作で打ちにくいときの対処法

スマートフォンの大画面化によって、特にキーボードの使用が難しくなっているという不満がよく聞かれますね。

特に左手で持ったときに、キーボードの右側の文字が打ちにくいという問題があります。

LINEの返信などで、これが問題になることも少なくありません。

しかし、iOSではこの問題に対応するために、キーボードを画面の左右どちらかに寄せることができる便利な機能があります。

これによって、片手での操作がずっと楽になります。

操作方法はとても簡単です。例として、メモアプリでのキーボードの使い方を見てみましょう。

この機能はメモアプリだけでなく、他のどのアプリでも同様に使うことが可能です。

地球アイコンを長押しした後、表示されるメニューから「キーボードを左に寄せる」を選択します。

するとキーボードが画面の左側に移動し、左手の親指だけで簡単に文字入力ができるようになります。

右寄せに設定する場合は、同様に地球アイコンを長押しして、「キーボードを右に寄せる」を選択します。

これにより、右手の親指だけで操作がしやすくなります。

もしキーボードを通常の位置に戻したい場合は、キーボードの横に表示される矢印アイコンをタップしてください。

これでキーボードが元の位置に戻ります。

ディスプレイ上まで指が届かないときの対処法

iPhoneを片手で使うとき、画面の下側はタップしやすいですが、上部には親指が届きにくいですよね。

特にホーム画面で上部にあるアプリを開きたいとき、これが不便に感じることがあります。

そんなときに役立つのが「簡易アクセス」機能です。

この機能を使えば、画面全体を下にスライドさせて、上部のアイテムも簡単に操作できるようになります。

以下に、具体的な設定方法を説明しますね。

  1. ホーム画面から「設定」アプリを開く
  2. 「アクセシビリティ」をタップ
  3. 「タッチ」セクションを選ぶ
  4. 「簡易アクセス」を見つけてオンに切り替える

設定が完了したら、ホーム画面に戻り、画面下部のドックエリアを下にスワイプします。

すると画面全体が下にスクロールし、通常は届きにくい上部のアプリも簡単にタップできるようになります。

これで片手でもiPhoneをもっと便利に使えるようになりますよ。

戻る操作は意外にすぐ慣れるかも

本記事では、iPhoneに戻るボタンがない理由と、画面の操作が難しい場合の対処方法についてご説明しました。

まとめると、iPhoneに戻るボタンがない主な理由は、スワイプ操作による「戻る操作」があるためです。

しかし、ユーザーからの要望が多かったため、2021年8月の最新iOSでは戻るボタンが復活しています。

また、大画面のiPhoneを片手で操作するときには、以下のような工夫が役立ちます。

キーボードが使いにくい場合は、キーボードを画面の左側または右側に寄せることができます。

画面の上部に手が届かない場合は、「簡易アクセス」機能を使って画面を下にスライドさせることがおすすめです。

iPhoneの大画面化は、映像の迫力を向上させる一方で、操作性に課題をもたらしました。

しかし、Appleはこれらの問題に対応するため、iOSに便利な機能を多く取り入れています。

戻る操作は初めは慣れが必要かもしれませんが、使いこなすと非常に便利です。

ぜひこの機会に試してみてください。

iPhone XSがAppleの最高傑作と呼ばれる理由を解説

iPhone8からiPhone15へ機種変更する手順

iPhone 16 miniが発売されない理由はなぜ?代用におすすめなモデルを紹介

\月額料金が安いキャリアを探しているなら!/